スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアガンシリーズ 第7弾

PPK

完全に忘れられていそうなエアガンシリーズ。今回はワルサー社のワルサーPPKを紹介したいと思います。この銃はその小型な所に魅力があり、かのヒトラーも愛用していました。映画でも007やダイハード等で登場し、小さいながらも大きな存在感を示していました。

俺が持っていたのは小型のガスガンで、なんかこう、いざと言う時の隠し玉みたいな感じで懐に忍ばせてました。あぁ完全に厨二病です(ノ∀`)

しばらくはサブウェポンみたいな感じでサバイバルゲームの時とか持ち歩いてたんだけど、引き金が重いというか詰まる?時があって、あんまり活躍はしませんでした。最終的に玉詰まりみたいな現象が多発して廃棄処分になりました。

しかし手元に隠し玉的な小型の銃があるというのはなんか格好良いと思ってたので、その後別の更に小さいのガスガンを購入したんです。その銃の話をまた次回いつかできたらいいなぁ。

スポンサーサイト

エアガンシリーズ 第6弾

ステアー

今回紹介するのはSteyr-GB。Steyr(ステアー)社製の凄いシンプルなデザインのハンドガンです。このメーカーの製品にはCSをやってる人なら馴染みの深いScoutやAUG、TMPがあります。

※Steyrは本来ドイツ語読みの「シュタイヤー」と読まれていたが、それが英語読みの「ステイアー」と読まれるようになっていく中、日本で初めてSteyr社製のエアガンを製作したKSC社の説明書では「ステアー」と表記され、日本ではそれが広まってしまったらしい。(参考:Wikipedia - ステアー

俺が持っていたのはシンプルな形で無駄のないフォルムが特徴のハンドガン・GBで、これは元々俺をエアガンの世界に引きずり込んだ友達が500円くらいで俺に譲ってくれたものでした。当時は興味があってもあまり関わりの無かったエアガンの世界だったけど、この銃の美しさと威力の無さで他の銃も欲しくなって、気づけばどっぷりとエアガンの世界に引きずり込まれてました。

この銃は本当に威力が無かった。ガスガンとしては多分最低ランクw
それでも撃つのが楽しくて、自分で紙に的を書いて撃って楽しんでたなぁ。

結局この後コルトパイソンやM93Rと出会い、この銃はまた別の友達の下へと渡っていきました。そしてその友達も一ヵ月後には別の銃を買っていました(^ω^;)
というわけでもしエアガンに興味がある人はまずこの辺の銃を買ってみると良いかもしれない。多分実売価格はブローバックしないタイプなら3,000円~5,000円くらいです。

今回で俺が過去に持っていたエアガンの半分以上の紹介が終わりました。実際俺が持っていたのはあと4種類なので、その紹介が終わったらその後は俺が好きだった銃やネタ銃を中心に紹介していきたいと思います。

エアガンシリーズ 第5弾

UZI

忘れた頃にやってくるエアガンシリーズ。今回紹介するのはUZIです。イスラエルで作られたサブマシンガンで、比較的少ない部品で作られているために戦時中はその生産性の高さで人気を博したらしい。俺が持っていたのは一回ずつコッキングするタイプのエアガン。それほど愛用してはいなかったけど、持った感じは好きでした。

映画やアニメでもよく悪役が持つ銃として登場。有名なところでは初代ターミネーターで使われてます。

UZIにまつわるエピソードの一つとして、皇太子がイスラエルに訪問した際にイスラエル側からこのUZIを贈呈され、現在でも自衛隊で保管されているという話があります。それだけイスラエルを代表する物の一つとなっています。

しかし他国の皇太子に銃を贈呈するって…。

エアガンシリーズ 第4弾

MP5K

久しぶりのエアガンシリーズ。今回は俺が唯一持っていた電動ガン『MP5K』を紹介します。俺のコレクションの中ではかなり後期に持っていたもので、サバイバルゲームとかする時に一番実用性が高かった銃です。

その利点は装弾数の多さと、比較的軽量でコンパクトなので持ち運びに便利だった点。そして電動なので気温に威力が左右されないこと。(気温が低いとガスガンは威力が落ちる。)
そして電動ガンの中では比較的値段が安い部類で、高めのガスガンとさほど値段が変わりません。俺は友達が飽きたって言うので半額以下でフルセット(サブマガジンやサブバッテリー込)を譲ってもらいました(^ω^)

よく映画等で特殊部隊が持っていることからも、かなりポピュラーなサブマシンガンと言えます。また実際多くの国の特殊部隊や警察にMP5系統のサブマシンガンが配備されていることからも、その実用性の高さが証明されています。

CSでもサブマシンガンの中では比較的使われることが多い銃ですね。走り撃ちでも当たるし、威力は低いもののしっかりヘッドに当てればかなりのダメージが出ますしね。俺も好んで使います。

参考:Wikipedia - H&K MP5


今回MP5の紹介を書いてて思い出した銃があったので、次回はそれについて書いていこうと思います。

エアガンシリーズ 第3弾

デザートイーグル

皆大好きデザートイーグル。CSをやってる人なら誰でも知ってますよね。ハンドガンの中で威力は最高クラス。.357マグナム版、.41マグナム等ありますが、特に.50AE版は数あるハンドガンの中でも威力が最強です。その分反動もシャレにならないらしい。アメリカでは狩猟用としても使われています。

映画やドラマ、アニメでもかなり多く扱われているため、その知名度もかなり高いです。有名なところでは『バイオハザードシリーズ』、『マトリックス』。あとアニメでは『攻殻機動隊』や『ブラックラグーン』で度々登場しています。


この銃との思い出は前回も書いたように持ち物検査。結局手元にあったのは数時間で、先生経由で友達に返っていきました。でもその威力は体感ですがガスガン(ブローバック版)でも最強でした。それに両手じゃないと持てない位でかかったのも印象的。

CSでは俺はかなり好んで使ってます。CTで1st落とした後とか高確率で買います。ヘッド一発で殺した時の快感は病み付きになること間違いなし!!もしエコデザートで3ヘッドとか出したら自分が神じゃないかと思うくらいです。今月に入ってからの紅白では2回ほど出しました(^ω^)

参考:Wikipedia - デザートイーグル

デザートイーグルの紹介はこの辺で。次回は何にしようかなぁ…。

エアガンシリーズ 第2弾

コルト パイソン

前回の予告どおり、コルト・パイソンを紹介します。

名前の通りコルト社製で、大型のリボルバー銃。マグナム弾を使うためその威力はかなりのもの。まぁ俺が持ってたのはガスガンだから、威力は他のガスガンと比べてもそこそこでした。面白いのがBB弾の詰め方。リボルバーの一つの穴につき4発詰めることができ、それが6穴あるから意外にも24連射が可能なんです。あと特徴と言えば結構重量感があったなぁ。持つとずっしりしてて重かった。

かなり人気と知名度が高い銃なんで映画やアニメで目にすることが多い銃です。有名なところではあぶない刑事のユージとか、シティーハンターの冴羽獠が普段から愛用している銃です。


この銃との思い出といえば、学校の持ち物検査。当時俺はこのコルト・パイソンに飽きてきてて、友達はデザートイーグルを持ってたんだけどやっぱり飽きてきてた。それでちょっと交換しようぜーってなって、いざ交換しようと思って学校持って行ったら持ち物検査発生。色々と策を講じてみたものの、見事に没収されました(´-з-`)

結局その年の三月の終業式まで手元に帰ってくることは無く、更にその年の正月にはM93-Rを購入したこともあってコルト・パイソンはあんまり愛着がなくなってたなー。

参考:Wikipedia - コルト・パイソン

というわけで今回はここまで。次回は上記の理由で結局手元に届くことの無かった幻の銃・デザートイーグルを紹介しようと思います。

プロフィール

うーろん

Author:うーろん
所属:Lien d'Abondance
相互リンク募集中。

最新記事
コメント
カテゴリ

openclose

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
検索フォーム
Count
全記事(数)表示
全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。