スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曽田正人

シャカリキ  capeta

曽田正人さんの作品はどれも読者をその世界観に引きずり込む力を持っています。
シャカリキ!・め組の大吾・昴・capetaと読みましたが、一番印象に残ってるのはシャカリキ!です。初めて読んだ曽田作品ということもあり、一気に読みきってかなりハマりました。

この人の作品の特徴はある意味不器用だけど天才な主人公がすごい努力して成長・進化していく過程が丁寧に且つ豪快に描かれていくところですね。そこがまた一番の魅力だと思ってます。

読むと何か熱いものが胸にこみ上げてくる作品ばかりなので、是非読んで欲しいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

どっちかってと努力ってよりは
「異常な才能を持った天才の視点て何かおかしい」
てのを書きたいらしいです。

テルの「病院いけば直してくれることがわかったから
落車は怖くない」とか
甘粕と大吾のやり取りの中の「W杯で得点王になるやつ
って~」のくだりとか
昴とおばちゃんの話の「才能はすべてを肯定する」
「私はこれが駄目ならソレまでで良い」とか
そんな感じの。

昴は私の中で漫画ランキング不動の1位。
テンション上がるっすなぁ。

No title

確かにどっかぶっとんでるよね、カペタとかテルとかw

昴もう一回一巻から読もうっと。
プロフィール

うーろん

Author:うーろん
所属:Lien d'Abondance
相互リンク募集中。

最新記事
コメント
カテゴリ

openclose

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
検索フォーム
Count
全記事(数)表示
全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。