スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨か…古傷が疼くな。

雨が降るたびに、俺の苦い思い出が脳裏をよぎります。

あの忌まわしい事件…あの時雨さえ降っていなければ誰も傷つくことなんてなかったのに。

あれはもう14年前になるだろうか。

小学校六年生だった当時、俺はよく近所の一個下の幼馴染と遊んでました。その幼馴染とは兄同士が同級生でよく四人でつるんでたけど、兄達が中学校へ行ってからは二人で遊ぶ機会が増えていった。

その雨の日も、俺と幼馴染のKは二人でKの友人Sの家へ遊びに行っていた。Sの家に行く時は雨はまだ降っておらず、Sの家から帰る少し前から降り出した感じだった。

始めは小降りだったのでKと二人で喋りながら自転車で帰っていたんだけど、段々雨が強くなってくるともう会話なんて不可能になった。二人で目で合図して全速力で自転車を漕ぎ出したんだ。


さすがに慣れた道で大きな問題も無く、また田舎なので車の通りも少なかったので順調に帰路を進んでいった。そして帰り道ももう終盤、視界に自分の家を捉えた時に事件は起こった。


(やっと帰ってこれたー。帰ったら風呂入ろ。)


そう、俺は完全に油断していた。

雨の中を全速力で自転車を漕ぐと視界はかなり狭くなる。なんとか左前方数メートルにKの姿は見えてる程度だ。道は一車線の田舎道。右側には田んぼが延々と続いていた。

俺はKに追いつき、大声で声を掛けた。

俺「おーいK!一旦自分の家に帰って着替えてから集合しようぜー!!」

K「んー、わかった!!」

Kも一瞬スピードを緩めて返事をした。そしてまた全速力で漕ぎ出すK。俺もそれについていこうと立ち漕ぎで速度を上げた。


その時だった。


不意に眼球に雨粒が直撃し、視界を失う。

突然の出来事にブレーキを掛けるも、バランスを崩してぐらついてしまう。

(やっべ!!)

無意識に倒れまいとバランスを取ろうとすると、自転車は自然と右側へと曲がっていた。

右側には田んぼが延々と続いていた。


グシャアアグジュジュジュ


半分視界を失いながら田んぼにダイブした。

最初こそ頭が真っ白になったけど、しかし冷静に考えるともうすでに全身びしょ濡れだし、今更田んぼの泥がついたくらいどうってことないか。などと考えながら田んぼに少し横たわっていた。きっとKが気づいて引き返してくるとか思ってた。

しかしKは俺に気づかずにすでに見えない所まで行っていた。ちょっと寂しかった。仕方がないので自力で立ち上がり、自転車を引きずりあげてちょっと雨で泥を流した。


そして全身泥だらけのまま再び自転車にまたがり、家までの残り100メートル程を帰りだした…その時。不意に後ろから車のクラクションが鳴った。担任の先生だった。

なんで泥だらけなんだ?→(事情説明)→こんな雨の日に出かけるからwww

みたいな流れで先生は去っていった。ちょっと傷ついた。


家に帰ると婆ちゃんがタオルを持って待っていた。どうやら家から俺が帰ってくるのを見えてたらしい。そして田んぼに落ちた一部始終も見てたらしい。またもや簡単に事情を説明して、それから風呂に入った。

一時間後に俺の家でKと再合流すると、Kも何故か田んぼに落ちたことを知っていた。どうやらKの婆ちゃんも見てたらしい。


そして親戚のおばちゃん(町内で一番の情報屋で毎日どこかで井戸端会議してる。)+Kの親戚のおばちゃん(前述のおばちゃんの相方。やはり情報屋)という二人にその事件が知られたため、俺の田んぼダイブ事件は次の日には近所中で知れ渡っていた。もうみんなの視線が痛かった(´;ω;`)

そして学校では先生から「昨日大丈夫だったか?」みたいに声を掛けられて、そこから皆にその事件が広がってネタにされまくった。俺のクールで知的なイメージ(自称)はこれでただのやんちゃボーイにランクダウンした。


こうして俺の心は深く傷つき、もう今後絶対に雨の日にはSの家なんか行かねー!!とSを逆恨みして事件は幕を閉じました。

今でもその時の心の傷が雨の日には疼くんです。でも今回ネタにしたことで九割くらい癒されました(^ω^)




PS・俺はこの他に最低でも二度、自転車で田んぼにダイブしていますがその話は後日。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

うーろん

Author:うーろん
所属:Lien d'Abondance
相互リンク募集中。

最新記事
コメント
カテゴリ

openclose

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
検索フォーム
Count
全記事(数)表示
全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。