スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡は努力によって。

最近スポーツネタをやってなかったのでこのへんでひとつ。

1996年8月21日に愛媛県代表松山商業高校と熊本県代表熊本工業高校との間で行われた第78回全国高等学校野球選手権大会、所謂夏の甲子園の決勝戦で起こった奇跡のプレイの動画があったので紹介しておきます。

そのプレイまでの簡単な流れ。

1回表に松山商業が1点先制し、更に動揺した熊本工業のピッチャーがフォアボールの押し出しで2点献上し、3-0となる。

2回裏に熊本工業が何とか1点を返す。

しばらくお互い無得点が続いた後、8回裏に熊本工業がまた1点を返して1点差まで迫る。

そして9回裏2アウト。あとアウト一つで松山商業の優勝が決まるという場面。ここで一年生の澤村が初球を叩いてレフトポール際へ起死回生のホームラン!勝負は振出へと戻って延長戦へ。

これだけでもかなり盛り上がるシチュエーションだけど、奇跡のプレイと呼ばれたのはその延長戦、10回裏の熊本工業の攻撃時に起こりました。

ヒットと送りバントでランナーを3塁まで進めた熊本工業。松山商業は続くバッター二人を敬遠し満塁策を選んだ。ここで松山商業・澤田勝彦監督はライトを新田から矢野勝嗣に交代させた。矢野は正右翼手だったが、エースナンバーを付けている渡部がライトで先発出場することが多く、事実上控え選手に近い存在となっていた。

甲子園決勝戦、延長10回裏、1アウト満塁の場面。


そして奇跡は起こった…。



見た瞬間鳥肌立ちました。これが奇跡のバックホームとして後世まで語り継がれています。



結局このプレイで流れを取り戻した松山商業が続く延長11回に3点を取り、6-3で甲子園優勝を決めました。余談ですが観客やテレビ観戦者の中には、目の前で繰り広げられたあまりにも劇的な展開に、このプレーで試合終了と錯覚してしまった人すらいたらしいです。


この試合だけのWikipediaページがあるということからも、如何に名勝負だったかが分かりますね。

◇参考:Wikipedia - 第78回全国高等学校野球選手権大会決勝

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

うーろん

Author:うーろん
所属:Lien d'Abondance
相互リンク募集中。

最新記事
コメント
カテゴリ

openclose

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
検索フォーム
Count
全記事(数)表示
全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。